【COMSA(コムサ)】テックビューロによるICOサポートを目的としたICO案件

仮想通貨取引所である「Zaif」を運営しているテックビューロ株式会社が仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューションサービス「COMSA」(コムサ)を発表しました。

COMSAはNEM(ネム)にも大きく影響を与えるプロジェクトだと思っております。COMSAのICOは10月2日14時から開始予定となっています。

では実際にどのようなものなのか説明していきます。

 

COMSA(コムサ)とは

COMSAは、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化、Zaif取引所、コントラクト実装、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、以下のように実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

ICOソリューション
ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン技術導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートいたします。COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになります。

トークンソリューション
発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供します。また、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品mijinによって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境が構築できます。更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーン間をまたいで利用可能な、USドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。

コントラクトソリューション
2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして第三者の仲介無しに執行できるようになります。

 

予定検討中のICO案件

COMSAプラットフォームにおける、予定済および検討中のICO案件は以下の通りです。

10月初旬(予定):テックビューロ株式会社「COMSA」
11月中旬(予定):株式会社プレミアムウォーターホールディングス(※)
11月下旬(予定):株式会社CAMPFIRE
※ 検討中であり決定ではありません。また、同社の子会社であるプレミアムウォーター株式会社でのトークン発行を検討しております。

その他の案件の詳細は随時以下のサイトにて発表される予定です。
COMSA公式ウェブサイト:https://comsa.io

 

COMSAプラットフォームのトークンセール

 

日本時間2017年10月2日14:00~2017年11月6日14:00に終了予定

すでにダッシュボードへの登録は開始されていて、以下よりICOサイトに登録可能です。

登録しておけばメールで通知等受け取れますので、購入しない方もとりあえずメール登録とダッシュボード登録をしておいても損はないかと思います。

プレセールにはBTC、ETH、XEM、Zaifトークンによる払込が可能です。

ダッシュボード登録はこちら

 

 

詳細やホワイトペーパーなどは公式サイトより確認をお願いいたします。

公式サイト:https://comsa.io/ja/


↓ランキング応援お願いいたします↓




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す