中国は暗号通貨を「仮想的財産」と制定

10月1日から禁止令が本格化される予定であったが・・・

 

中国メディアのJinse.comは、中国の仮想通貨使用取締法は2017年10月1日から本格的に法律化すると報道しました。

Jinse社は今年3月15日に投票、認定された中国仮想通貨取締法は、『中華人民共和国民法の一般原則(General Principles of the Civil Law of the People’s Republic of China)』の立法に組み入れられると言明しました。

さらにJinse社は10月1日から発効予定の中華人民共和国民法の一般原則で、仮想通貨が規制されるのは初の事例だと報道しました。

しかしながら、9月までに全仮想通貨取引は活動を廃止する予定であり、10月1日から発効が本格化する予定でしたが一部の仮想通貨取引所は活動を許可されています。

 

暗号通貨は10月1日から「仮想的財産」として立法化される見込み

Jinsen社の報道によると、中国法の下では仮想通貨は『仮想資産』と扱われるようです。

仮想通貨が『中華人民共和国民法の一般原則』の立法に介入されるということは、近年の中国政府による仮想通貨取引の厳重な取り締まりは、使用及び所有禁止は国内全体までは影響しないことを示しているようです。

Jinsen社はこの推測を『取り締まりは最初から最後までビットコインを禁止することを言及していないため、政府はビットコイン自体は大きな問題だと思っていないようです。』と述べています。

Jinsen社はさらに取引の取り締まりはそもそも『小さなプラットフォームが資金洗浄及びKYC(Know Your Customer)という顧客確認の政策を真剣に実行していない』がためにそれらの取引所に向けられたものであると主張しています。

また、Jinsen社の報道ではPBOC(中国人民銀行)の調査後に大手仮想通貨取引所は再開される方向性を示し、今回の厳重な取り締まりは一時的であることを暗示しており、暗号通貨の一般的禁止と解釈されるべきではないでしょう。

 

国の政府が仮想通貨取引所の禁止の直前にOkcoinとHuobiを除くすべての暗号化取引を停止する決定を下した通貨規制が発効するようになったことで、生き残った取引が中国での営業を許可された唯一の仮想通貨取引所である可能性が推測されています。

このようなことから、仮想通貨取引所の停止も一時的なものであり取引が再開される可能性もあり得るでしょう。

 

参考元はこちら:https://news.bitcoin.com/virtual-currencies-expected-to-regulated-in-china-on-october-1st/


↓ランキング応援お願いいたします↓




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1 個のコメント

  • コメントを残す