ビットコインが買えるbitFlyerとは?

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

itflyer(ビットフライヤー)は日本初のビットコインの取引所です。

2014年1月に設立され、現在はリクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、電通デジタルホールディングスなどの

名だたる会社からの出資を受け、日本国内では取引量や資金力ともに最も大きなビットコイン取引所となっています。

豊富な資金力を生かして、ビットコイン関連サービスを多数立ち上げてるだけでなく、

ビットコインをこれから始めたいと考えている人向けにもキャンペーン等を多数展開している取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法

ビットフライヤーを利用するには会員登録が必要となります。

日本語ですので登録は簡単にできます。

もっとも簡単なアカウントであればメールアドレスの登録だけでOKです。

利用者の登録状況をもとに「スタンバイクラス」「エコノミークラス」「プレミアムエコノミー」

「エグゼクティブエコノミー」「ビジネスクラス」といったようにランクをつけています。

たとえば、メールアドレスの登録のみなら「スタンバイクラス」で外部のビットコインの入出金のみが可能です。

続いて携帯電話番号のSMS認証かFacebook連携をすれば「エコノミークラス」としてビットコインの購入や売却が可能になります。

さらに住所登録や銀行口座登録をすれば「プレミアムエコノミー」として振込によるデポジットの入出金などが可能になります。

さらに、免許証の写真をアップロードすれば「ビジネスクラス」……といった具合です。

ちなみに、私がbitflyer(ビットフライヤー)に登録した時は、当日中にビジネスクラスにまでアカウントを変更できましたので別に手間がかかるといったものではないです。

ビットコインを購入してみる

ビットコインをゼロから購入するには「プレミアムエコノミー」までアカウントクラスを上げる必要があります。
bitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを買うためのデポジットを入金する方法は振込・クレジットカードとなります。

そのため必然的に銀行口座の登録までは進める必要があるわけですね。

入金が完了しましたら左のメニューのビットコイン販売所を開いてみましょう。

購入数量を選ぶことにより必要資金が確認できますので、そちらを参考に購入してみてください。

これだけでビットコインを購入することができます。

反対にビットコインを売却したい際も同じような手順で売却可能です。

ビットコインを運用してみる

実際にビットコインを保有しておくだけでも、値上がりすれば利益を出すことができます。

しかし、もっと利益を出したいならばビットリージョンをお勧めいたします。

詳しくはこちらをご覧ください


↓ランキング応援お願いいたします↓




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す