TCCが他案件より熱い理由とおすすめの運用方法

TCCと他案件の違い

 

TCCは月〜金の運用により利益が、日々配当されます。(土日の運用益は、会社利益となる)

運用益は変動ですが、スタート60日間の平均は、日利0.6%〜0.7%(運用原資から計算すると、日利1.2%〜1.4%)

配当は、会員種別により最低日利0.35%〜0.45%が保証されています。

上記のように他案件と比べ日利は高配当ではありません。

そんな案件にどこにメリットがあるの?と思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

TCCはビットコイン(BTC)建ての投資案件となっております。

他の案件はビットコインを送付しますがドル建に変換されて運用されるものが多数です。

果たして、BTC建てとドル建てでどのような違いが出てくるのでしょうか?

 

 

 

わかりやすく1BTCが1000ドルだとします。

ドルで貰える案件を頑張って1年続けたとします。

今の収入が1000ドルだとします。引き出したら1BTCです。

1年後に収入が4倍になったとします。その時に1BTCが4000ドルに値上がったとします。

4000ドル稼いだのに引き出したら1BTCです。資産は4倍になりました。

では報酬自体がBTCの案件ではどうでしょうか?

同じく今の収入が1BTCだとします。

1年後に収入が4倍になりました。その時に1BTCの価値が4倍になりました。

引き出せるのは4BTCです。資産は16倍となります。
ドル建てBTC払いの案件は、BTCの価値が上がれば上がるほど貰えるBTCが少なくなります。

これからもドル建て案件は沢山出てきますが、長期的な案件として捉えない方が利口です。

やるなら短期間で元本回収を優先して、ノーリスク運用を考えましょう。
TCCが日利が低くても熱い案件だという事がわかっていただけましたでしょうか?

 

 

ビットコインは今後も価値が上がっていく?

 

ビットコインは今後も価格が上昇されていると予想されています。

発行上限数量が決められておりなおかつ保有者が増えていくことで需要が増えていきます。

また、各国で仮想通貨の法案が定められるなど、現在の現物貨幣から仮想通貨へ移行してる国もあります。

参考までに下記の記事をご覧ください。

500ユーロ紙幣発行を停止・米国他紙幣廃止の動き|“仮想通貨登場が現金消失を”前編 | 仮想通貨まとめ
仮想通貨ビットコインが登場した際に、現金廃止議論が始まりました。そして、既にこんな話がでている事実を知ってほしいのです。紙幣を発行してきた中央銀行・政府自体に、紙幣を廃止してしまおうという動きが見られることを。事実5月の報道では500ユーロ紙幣の発行が停止が決まり、米国・欧州・スウェーデン・デンマーク・他…国ごとの動きも知っていますか?日本のあれも流通が減っている事実も含めてご紹介します。

確実に需要・信用が高まることで長い目で見ていくと確実に単価は上がっていくものだと考えられます。

 

MLMなのに紹介者なしでも利益がでる!?

 

TCCはMLM要素が強い案件なので紹介者を出すことが難しい人は利益を出すことは難しいと思っている方が多いと思います。

紹介者0人の場合は紹介料・バイナリボーナス等各報酬を得ることができません。

正直に申しますと、紹介者0人の方は1BTC以上入れないとトータルでほとんど利益を残すことができません。

1BTC未満は運用期間が4ヶ月も短くなってしまうので、再投資と追加投資をしてとにかく原資を1BTCにしないと本当に勿体無いです。

 

というのもTCCにはオートシップ(月会費)があります。

但し、運用利益を含めた総収益が0.25BTC未満の間はオートシップは対象外になります。

 

・Apprentice(原資が0.25〜1未満)
0.015BTC

・Trader(原資が1〜5未満)
0.03BTC

・Senior Trader(原資が5以上)
0.045BTC
それとは別で4ヶ月毎に手数料が25%引かれますが、これは運用利益のみ対象となりますので、紹介報酬、バイナリー報酬、マトリックス報酬は対象外です。

 

結構、手数料等の出費でとられるので結果1BTC以上入れないと利益を残すのは厳しいのです。

その分運営自体は収入を多く得れるので長期的な目で見れる案件でもあります。

1BTC以上であれば紹介者0人でも利益を残すことが可能なんです。

現在0.25BTCしか入れていない方は1BTCまで追加入金もしくは複利運用で回して早めに1BTCで運用しランクアップすることをお勧めします。

 

単利運用と複利運用の違い

 

【単利】

原資1に対して日利1%(月利30%固定)だった場合

1ヶ月目 1→1.3(0.3は引き出す)
2ヶ月目 1→1.3(0.3は引き出す)
3ヶ月目 1→1.3(0.3は引き出す)

12ヶ月後には原資は1のままで利益は0.3×12=3.6

3.6BTCが自分のウォレットに残っていて、原資1のまま運用が続いていきます。(手数料、更新料、月会費は考慮しない)

【複利】

原資1に対して日利1%(月利30%固定)だった場合

1ヶ月目 1→1.3(0.3は引き出さずに再投資)
2ヶ月目 1.3→1.69(0.69は引き出さずに再投資)
3ヶ月目 1.69→2.197(1.197は引き出さずに再投資)
4ヶ月目 2.197→2.8561
5ヶ月目 2.8561→3.713
6ヶ月目 3.713→4.827
7ヶ月目 4.827→6.275
8ヶ月目 6.275→8.157
9ヶ月目 8.157→10.6
10ヶ月目 10.6→13.79
11ヶ月目 13.79→17.92
12ヶ月目 17.92→23.3
12ヶ月後には原資が23.3BTCになります。(ウォレットには0)

次の月から単利で利確をすると
13ヶ月目 23.3→30.3(7BTCを引き出す)
14ヶ月目 23.3→30.3(7BTCを引き出す)

毎月7BTCが利益として引き出せるので、単利で毎月引き出すよりも長い目で見たら比較にならない程の大きな利益を生み出します。(手数料、更新料、月会費は考慮しない)
このように複利運用は元本が少なくても将来的に大きな資産を築く手段として優秀な運用方法です!
他のいつ飛ぶかわからないHYIP案件では複利運用してるうちに飛ばれてしまう事が多いですが、TCCであれば複利運用が可能であると考えています。
※これは個人の見解なので、単利で回す、複利でも早めに利確するなど、判断は個人の判断でお願いします。

 

TCCの詳細・登録方法はこちら

 

【キャッシュバックなど豪華特典付】トレードコインクラブ(TCC)徹底解説書
  【トレードコインクラブ(TCC)について】 ・はじめに 2017/1/27に全世界136か国で同…

↓ランキング応援お願いいたします↓




LINE@では極秘最新情報などを配信中!
ご質問・ご相談も承っております!
また、暗号通貨を含め有益な情報を気軽に語れるLINEグループを作成しております。
暗号通貨のトレード・マイニング・ICOなど色々な投資案件などの情報交換も!
もちろん初心者の方も大歓迎です!ご興味がある方はLINE@からご連絡ください!

友だち追加

LINEの友達追加からQRコードを読み取ってください
LINE@

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す